歯科矯正の治療期間と費用について


歯科矯正は、歯列矯正とも言います。不正咬合、つまり噛み合わせの悪さを直すための治療です。歯並びを美しくする美容目的で行うこともありますが、噛み合わせの悪さからくる不便や心身の不調の改善にも、矯正は有効な手段です。頭痛や肩こりなどが歯並びの悪さから起こることがあるのはよく知られていますし、そうした体の不調があれば、精神的にもよくありません。また噛み合わせの問題で、口の中や舌の同じところをよく噛んでしまうような場合、何度も傷ついた結果その場所が炎症を起こしたり、最悪の場合はがん化する恐れもあります。こうした問題があるようなら、矯正を考えてみても良いでしょう。 歯科矯正の方法は、歯に器具を装着して行うことがよく知られています。歯の表側に装着するものと、目立たないように裏側に装着するものがあります。しかし、矯正の方法はそれだけではありません。状態によっては歯を抜いたり、手術をしたりすることが必要になることもあります。ひと口に「噛み合わせが悪い」と言っても、どこが悪いかは人によって大きな差があります。数本程度の歯の位置が適切でない場合や、多くの歯の位置が適切でない場合、上下の歯並びがうまく噛み合わない場合、弓状に並んでいる歯並び(歯列弓と言います)の形が良くない場合など、さまざまです。 個々の歯並びの状態によって、矯正にかかる期間や費用は大きく異なります。一般的に、歯科矯正には健康保険が適用されません(病気による噛み合わせの悪さの治療や、手術を行う場合なら適用されることもあります)。簡単な矯正の場合は、期間は半年程度、費用も十万円以下で済むこともあるようです。しかし、ひどく噛み合わせが悪いときは治療に数年必要な場合もありますし、複雑な器具を用いる場合は百万円程度の費用がかかることもあります。経済的に不安なら、分割払いが可能な医療機関もあるので、医師に相談してみると良いでしょう。