やっておけばよかった歯科矯正


私は小さい頃から歯並びが悪かったのですが、自分ではずっと気づかなくてそのまま過ごしていました。でも小学生時、歯の磨き方のレッスンがあり、模型の歯並びと自分の歯並びが違う事に気づきました。普通の人の歯は下の歯より上の歯の方が前に出ているのですが、私のは上の歯よりも下の歯の方が前に出ていました。最初はショックでしたが、特に誰からもその事を言われたり、からかわれたりしなかったので、そのままにしておきました。 同じクラスの女の子が歯科矯正をしていましたが、歯に銀色のワイヤーなどをしていて、たま顔を固定する装置なども着けていて、子供ながらにやりたくないなと思っていました。実際、その女の子は男子にからかわれたりしていて、少しかわいそうだなと思っていました。なので、虫歯の治療で歯医者さんなどに行った時も先生に歯科矯正矯をススメられても銀のワイヤーとかつけたくないので断っていました。先生は歯並びが悪いと将来、胃腸が弱くなってしまうとも言っていました。 実際に高校生になったくらいの頃から胃腸が悪くなり、今でも悩まされています。みてくれは気にせずにやっておけば良かったなと今になって後悔しています。最近では、透明なワイヤーや歯の裏側につけれるものや取り外しが可能なものなど、色々とありますが、今はお金の問題でやる事が困難です。私が小さい頃にもそういう目立たない歯科矯正のワイヤーなどがあれば良かったなと思います。